腫瘍摘出に必要なお金

手術後

脳腫瘍の年間罹患率は人口10万人に対して10人くらいです。脳腫瘍の手術代は厚生省が決定しています。 診療報酬点は1点が10円で指定医療機関なら全国一律なので、健康保険の範囲内であれば金額はほぼ決定しています。脳腫瘍の価格ですが、入院代や薬剤代を除いた手術だけの価格ですが、手術した部位や方法によって価格が違います。 例えば、脳腫瘍全摘出であれば、診療報酬点3650点の3割負担で約11万円です。頭蓋内腫瘤摘出であれば、診療報酬61720点の3割負担で約18万円といった具合になります。 これは手術だけの診療報酬なので、そのほかにも、薬剤料や入院費用といったものも後から含まれますのでトータルではもっと増えます。

ここで、脳腫瘍などの病気にかかった時の、入院費やその他トータルでみた場合の、費用ですが、一応のめやすとして考えていただければと思います。入院時の総医療費用は約300万円です。3割負担で約90万円になります。これは、入院日数や治療日数によって前後致します。そこから、高額療養費制度を申請や限度額適用認定証を申請すれば、めやすの自己負担額は30万円程度になります。治療では、放射線治療や、MRIや高度な機器なども使用する場合もありますので、先ほども書きましたとおり、これは平均的な相場であり、脳腫瘍ができた場所や、大きさ、その他、治療を実施した病院や入院日数によって費用がおおきく変わる場合もありますの。